Copyright (c) 2018 TOMOE WINES AND SPIRITS CO.,LTD.  ALL RIGHT RESERVED

Cantina di Monteforte

Cantina di Monteforte社は、1952年に80のワイン生産者によって設立されました。現在は600人の生産者、述べ1,300ヘクタールのブドウ畑(80%はD.O.C。)から成り立ち、ソアヴェクラシコで有名なVal d 'Alponeの入り口に位置しております。ぶどうの土地は主に火山質であり、ワインに紛れもない味を与えます。温暖な気候は、サンザシの花を連想させる香りの調和と繊細さを生み出し、心地良いアーモンドの後味が楽しめます。葡萄品種はガルガーネガが主流。この種は何世紀にもわたってここで栽培され、その大きな円筒形房は、果皮は黄色で太陽にさらされたときに黄金になり、非常に熟したときに皮が硬くなります。出芽は4月の終わりに向かって行われ、成熟は通常9月末から10月初めまで3〜4週間かかります。他の葡萄にはシャルドネと固有のデュッレッロがあります。後者は先史時代にまでさかのぼる地元の品種で白亜粘土の土壌でよく成長し丈夫な品種です。その果実はタンニンであり、厚くてしばしば硬い皮になります。彼らの生産するワインはこの土壌の性質を受け、非常に味わいの濃いタイプのソアヴェを生み出します。

CLIVUS Soave Classico 

ブドウは10月初旬に手摘みにより収穫。特別なプレスの方法を用い、優しく丁寧に破砕を行います。 その後直ちに冷やされマストは静かに沈殿し、18℃の温度で7-8日間ステンレススチールタンクにて発酵。 これにより、完全な香りと持続的な香りが保たれます。 ワインの色合いは緑がかった黄金色。青リンゴや梨などの力強い果実香と、サンザシやスミレを連想させる香りも感じます。味わいは新鮮でフルーティ、アーモンドの特徴的な後味と飲みごたえある芳醇なボディも楽しめます。オードブル、イワシの南蛮漬け、魚介類のパスタ、魚料理全般に  10-12度が適温。品種 *ガルガネガ90% トレッビアーノ・ディ・ソアーヴェ10%  2016年はガンベロロッソ18において2(ドゥエ)ヴィッキエーリ獲得。

CLIVUS Rosso Verona IGT

コルビーナ種はVal D'Alponeの高地に位置するブドウ畑で栽培。カベルネ種は下部の平野から、メルロー種は丘陵地の底部にある凝灰岩と玄武岩の土壌で栽培されます。収穫は手摘みで行われます。コルビーナのブドウは選別されて、ヴェロネーゼの伝統的な「Appassimnto」にかけられます。残りのものはタンクで圧搾され発酵。さらにその内の25%を分離し4〜5日間果皮と一緒に醸され、色や香り付けに使用されます。発酵は温度制御されたタンクで行われ、熟成された後ブレンド。1年間バリックで熟成。ワインはルビー色。チェリーやべり-の赤い果実の香り、フローラルな香り、スムースな飲み口とバランスの取れた味わい、樽熟成による適度な複雑味も感じます。コルヴィ-ナ60%,カベルネソーヴィニョン20%,メルロー20%

CLIVUS Soave Classico 2016

ワインの色合いは緑がかった黄金色。青リンゴや梨などの力強い果実香と、サンザシやスミレを連想させる香りも感じます。味わいは新鮮でフルーティ、アーモンドの特徴的な後味と飲み応えある芳醇なボディも楽しめます。

Producer :Cantina di Monteforte
Garganega 90% Trebbiano di Soave 10%
​ItemCode WB1179001 
​Price 1,700yen
CLIVUS Rosso Verona IGT 2016

ワインはルビー色。チェリーやベリーの赤い果実の香り、フローラルな香り、スムースな飲み口とバランスの取れた味わい、樽熟成による適度な複雑味も感じます。

Producer :Cantina di Monteforte
Corvina60% Cabernet20% Merlot20%
​ItemCode WB1286001 
​Price 1,320yen